小説家になろう
魔力ゼロの魔法使い〜俺の超能力は異世界でもチートでした〜
作者: 鬱沢色素

 あらゆる超能力が使える俺(マコト)は突然、異世界に召喚されてしまう。だがいきなり『魔力ゼロ』と鑑定され、王や王女、騎士団長から酷い扱いを受ける。普通こういうのってチート能力を授からない? でもいいんだ。何故なら異世界でも超能力が使えることが分かったんだから。  しかも俺の超能力は異世界でどんな魔法よりもチートで……?

【完結済】 全50部分

▼小説文字数 / 読了時間
135,127文字 / 271分

▼ジャンル
コメディー[文芸]

▼キーワード
異世界 魔法 チート 俺tuee 主人公最強 復讐 超能力 剣と魔法 冒険者ギルド 魔力ゼロ

▼最終掲載日
2017/11/14 19:25

■Nコード:N0200ED



<R15>15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷な描写〕〔15歳未満の方の閲覧にふさわしくない表現〕が含まれています。

           

PC/スマートフォンで小説を読む

■小説を読む(目次)■
◇小説閲覧設定◇

◆小説情報◆
◇同一作者の最新小説◇

この作品はパソコンで投稿されました。

[1]ポイントを入れる
[2]レビューを読む
[3]レビューを書く
[4]感想を読む
[5]感想を書く
[6]ブックマーク /ブックマーク解除
※作品をブックマーク登録する場合はログインしてください。

▼この小説のURL
http://nk.syosetu.com/n0200ed/

0ユーザページTOP

           


▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject