小説家になろう
小さなテディベアと5人の女王さま
小さなテディベアと5人の女王さま(2)

 季節の塔はお城から随分離れたところにあり、ネラはテディを抱っこしてあげました。季節の塔に着くまでの間、テディは新しい仲間のネラに女王さまについて話してあげました。

「ぼくね、女王さま達の集まるお部屋に置いてあるぬいぐるみなんだよ。でもね、動けない間も女王さま皆に撫でてもらったり、話しかけてもらったり、とっても良くしてもらったんだ」

「そうなのね。女王さま達は優しかった?」

「優しいよ。毎日ぼくを抱きしめてくれるんだ。ぼくの体は動かないけど、それでも分かるんだよ」

幸せそうにテディは笑いました。

 ネラが抱っこしてあげたおかげで、テディは疲れることなく、凍えることなく季節の塔に辿り着きました。季節の塔は「塔」と呼んでいますが外見はお城そのものでした。三角屋根に白いレンガ造りのお城。やっぱりテディには大きすぎて、首をそらせるようにして見上げてもてっぺんは見えません。

 女王さま達が呼びかけますが中から返事は無く、お城の扉を開けることにしました。扉を開けると、何やら文字の様なものが見えましたが、テディにはうまく読めません。ネラに抱っこされたまま指差してみます。

「ねぇ、あれってなんて書いてあるの?」

女王さま達は顔を見合わせ、ネラが答えてあげました。

「あれはね、入っちゃダメよって書いてあるの」

「なんで入っちゃダメなんだろう」

テディの素直な問いに対し、アイが答えました。

「テディ、予想するんじゃない。会って魂で語り合えば必ず真実は見えてくるものよ! そう、必要なことは全力でぶつかっていくことなの! 会って話して魂でぶつかりあえば、できないことなどないのよ! そう、この私のように! 燃え上がる炎のように!」

その瞳の奥には熱い炎が見えそうです。

「あぁ、もう自分の部屋に戻りたい……」

アイの勢いについていけず、ぼそっとインチェが呟きましたが、アイは全く気にする様子もなくお城の中に入っていきました。

「アイ様が来たわよ! さぁ、魂で語り合おうじゃないの!」

大声を張り上げるアイに遅れないように、ネラとインチェも続いてお城の中に入っていきますが、すぐにテディが声をあげました。

「見て! 扉が閉まっちゃうよ!」

巨大なお城の扉がゆっくりと閉じていくことに女王さま達が気づいた時には、扉は完全に閉まっていました。まるで、壁に扉の絵が彫られているようで、アイがなんとか開けようとしますがびくともしません。

「一体どういうことなの!」

「ま、まさか、スインが激怒してる?」

インチェはスインを怒らせてしまったのではないかと辺りをキョロキョロしています。目の前には巨大な階段。左右には巨大な扉があり、このお城からスイン1人を捜すにはなかなか大変そうです。


     

[9]前へ [1]次へ 最後
現在 1/3(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject