小説家になろう
小さなテディベアと5人の女王さま
小さなテディベアと5人の女王さま(3)

 ふとテディが気がつくと、床の上に倒れていました。小さく目をこすりながら起き上って周りを見回してみますが誰もいません。

「あれ? ぼくは夢を見ていたのかな」

テディは座ったままじっと考えてみました。泣いていたのは誰なんだろう。どうしてあんなに謝っていたんだろう。そして、どうしてこんなに悲しいんだろう、と。

「テディ!」

知っている声が聞こえてきて、テディははっと顔をあげました。

「アイさま?」

「テディ、返事して!」

「どこだテディ!」

スインの声も聞こえてきます。テディは立ちあがってもう1度見回してみました。さっきまでお城の入口だったはずの場所はいつの間にか階段になっていました。上も下も階段で、どちらも延々と階段が続いているだけでしたが、上からは女王さま達がテディの姿を見つけて駆けおりてきていました。

「テディ! 大丈夫?」

テディはお尻をパンパンとはたいてから両手を振って無事を伝えました。

「大丈夫だよ女王さま!」

「良かった。はぐれちゃったから心配したわよ!」

誰よりも先にネラがテディを抱きしめました。

「ほら! 諦めちゃダメって言ったでしょ! 諦めなければなんだってできるの! 諦めなければ絶対にここから出られるの! そう、最後まで! この魂燃え尽きるまで!」

と、アイが力説する中、インチェがそっとテディの頭を撫でてあげました。

「心配したのよ」

そんなインチェにテディはごめんなさいと返しましたが、スインは言いました。

「何を謝る必要があるんだ。謝るべきなのは季節の塔をこんな風にした真犯人だろう。私がしめてやる」

「とか言って、スインが1番力の使い方が下手なクセに」

インチェが言うと、スインが睨みます。

「なんだと? この私が下手だと?」

「まぁまぁ、2人とも、今はこの階段から脱出しましょ」

ケンカになりそうな2人をなだめたのはネラでした。延々と続く真っ直ぐな階段を見て、ゆっくり下りようとした時、急に何か音が聞こえてきました。

「何の音?」

階段を見上げてみると、上から幾つも石が転がってくるのが見えました。

「石だわ!」

ネラが言うと、すぐにスインが一歩前に出ました。

「私が止めてやる。皆見ていろよ」

スインは目を閉じ、開くと同時に両の掌を階段に向けるように広げました。

「これが私の冬の力だ!」

掌から、スインの女王さまとして操る冬の力が出てきた、のですが、それはポンッという音と共に小さな雪の結晶が宙に舞っただけでした。その瞬間全員が沈黙しました。手元から出てきた雪の結晶がひらひらと床に落ちるなり同時に階段を駆け下りました。ネラが直ぐにテディの手を掴んで抱えます。その間も女王さま達の言い合いは続いていましたが、テディにはうまく聞こえません。
     

[9]前へ [1]次へ 最後
現在 1/3(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject