小説家になろう
小さなテディベアと5人の女王さま
小さなテディベアと5人の女王さま(4)

 また地形が変わり、今度は元の塔に戻っていました。柱の陰に隠れたテディ達は蔓の怪物が追ってきていないか確認しながら座り込みました。全員がはぁはぁと息をしています。

「全く、なんなんだあれは」

「ほほほほ本当に、どうなってるの……」

「ほ、が多いわよインチェ様。あたしも聞きたいわ。に、してもこれじゃあ事態は悪化するだけね。ここはやっぱりリップ様に出てきてもらいましょうか」

「そんなことができるのか」

「もちろん。だってあたしはリップ様の代理ですもの!」

そう言って春の力を使おうとしたネラに、テディは慌てて言いました。

「でも、今リップさまは病気なんじゃないの?」

ネラが病気の名前を教えましたが、テディにはよくわからなかったようで首をかしげるばかりだったので、ネラはにっこり笑って言いました。

「でも大丈夫。悪い病気じゃないから」

ネラが右腕をぐるりと回すと、ピンク色の光の輪が現れました。輪の中の景色は急にぼやけ、次にはっきりした景色が広がると、全く別の場所になっていました。それはとある部屋の中でした。床は開きっぱなしの本に覆われ散らかっています。その奥で、1人必死に本を読む女性がいました。

「リップさま!」

最初に声をあげたのはやはりテディでした。

「テディ?」

その声にすぐに気がついたのは、部屋に入って出てこないリップでした。綺麗に巻いていた髪は何も手入れがされていなかったためかボサボサで、疲れたような顔をしています。

「テディ!?」

リップは持っていた本を投げ捨てて、テディの元へ駆け寄っていきました。テディも駆け寄ろうとしましたが、小さく火花が散って輪の外へは出られそうになく、ただリップが来てくれるのを待ちました。リップは輪の中を通って城の中へと入るなりテディを強く抱きしめています。何事かわからない女王さま達でしたが、その時テディには全てが蘇っていました。

「テディ! 良かった。動けるのね! これで、あの時みたいに一緒に……」

その言葉に、テディは言いました。

「どうしてぼく、こんなに大切なことを忘れてたんだろう……」

小さな声で、テディは大切なことをリップに伝えました。

「リップさま、ぼくは王さまに命をもらったの。でも、今日、日が沈むまでの命なんだ。日が沈んだらぼくはぬいぐるみに戻ってしまうんだ」

その言葉に、どの女王さまも驚いた顔でテディを見ました。テディが出発する時に王さまが引きとめた時の事が、女王さま達の脳裏をよぎります。





わかっていると思うが、テディは――


あの時、王さまが言おうとしていたこと、それは、



「わかっていると思うが、テディは日が沈めば元のぬいぐるみに戻ってしまうよ」



ということだったのでした。

「ぼくは王さまの力で1日だけ動けるようになったんだよ。
     

[9]前へ [1]次へ 最後
現在 1/3(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject