小説家になろう
小さなテディベアと5人の女王さま
小さなテディベアと5人の女王さま(5)

「どうしてそんな大切なことを言わなかったのよ!」

話し終えると、アイはそう言ってリップを責めましたが、泣きながらリップは言いました。

「もう誰も傷ついて欲しくなかったの。私が呪いを受けるならまだしも、他の誰かが代わりに呪いを受けるなんて、そんなの絶対に嫌だったの」

「と、とととと解き方は?」

インチェが恐る恐る尋ねますが、リップは首を横に振ります。

「分からないわ……。調べたのに、調べても調べても、解き方が分からないの」

顔を覆って涙をこぼすリップを慰めようと、ネラがそっとしゃがもうとした時でした。

「ふふ」

リップに降ってきた声は慰めではなく、吹きだすような笑いでした。どの女王さまも一瞬理解ができずにネラを見ます。ネラは目元に手を当て、こらえられないとでも言うように肩を震わせています。

「ネ、ラ……?」

「ふふ、ふふふふふ。はは、あははははは!」

ネラが突然笑い始め、女王さま達は驚いて目を見開きました。

「今さら気づいたの!? 魔女の苦しみには気づきもしなかったくせに、自分達のことになれば被害者みたいな顔をして!」

その言葉に込められていたのは悲しみ、怒り、そして深い憎しみでした。

「ネラ、まさかお前が呪いを掛けた張本人だって言うのか?」

スインがネラを睨みますが、それすらネラは笑いました。

「そうだって言ってるじゃない! この為にリップにお花をプレゼントして、楽しくもない話をしては話を合わせてきた。全部全部、あんた達に呪いをかける為に!」

「どう、して……」

リップは悲しみに顔を歪めながら言葉を絞り出すようにして尋ねました。

「本当はあんた達に呪いをかけるだけで良かった。テディにかかってしまったのは悪かったと思っているけど、あたしはもう止まれない。あんた達は知ってる? 魔女達が今国のはずれでどんな状況にあるかを。毎日毎日ひどい扱いを受けるのよ。まるで同じ人じゃないみたいに。魔女達は助けを求めようとしたのに、誰も話なんて聞いてくれなかった。私達の話は無かったことにされたの!」

誰も何も言えず、ゆっくりと歩きながら話すネラをただ見ていました。それはとても怒りに満ちたものでした。





 ネラは魔女に育てられました。男の子として生まれたけれど、心は女の子だったのです。魔女達もそんなネラを大切に育てて優しくしてくれましたが、ずっとひどい扱いを受けていました。ですが、一方で男の人達魔法使いはとても良くしてもらっていました。魔女達はもちろんそれはおかしいと言いましたが、役人は話を聞いてくれません。そうして年月がただただ過ぎていったのです。

 そんな時でした。ネラは思ったのです。女王さま達を人形に変えてしまえば何とか王さま達に気づいてもらえるのではないか、と。
     

[9]前へ [1]次へ 最後
現在 1/3(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject