小説家になろう
雪解けぬ恋

 「僕は神になりたかった」
 神様の持つ絶対的な力がほしかった。
 財力とか、名誉とか、権力とか、地位とか、そんなものじゃなくて。一人の少女を笑顔にできる、小さな願い事をかなえてあげれる力がほしかった。
 随分と自分勝手でわがまま願いだと思う。その小さな願いも、もう時効だ。だけど、今も思う。もし、もっと僕に力があったら、少女の言葉を直接聞けたのだろうかと。
 僕は少女の名前をもう覚えていない。
 だから、僕はその少女との関係を話すとき、少女を彼女と呼ぼう。

 彼女は、僕の知らない病気にかかっていた。出会った後から教えてもらっていたのだけれど、何やら難しいというものだということしか僕にはわからなかった。
 出会いは何でもないことで、僕がスケッチブックを待合室のソファーに置いてトイレに行ったその間に、彼女が何の違和感もなく僕が居たところで僕のスケッチブックを盗み見ていたのだ。
 まぁ、彼女との出会いは、正直驚いたの一言だ。だって、トイレから帰ってきたら、知らない女の子が自分の持ち物を無断で見ているんだ。普通の人なら驚くだろ。
 しかも、彼女は無礼を詫びるわけでもなく、スケッチブックの持ち主が僕であるのがわかった途端。
「ねえ、ここに描いてあるの全部君が描いたの?すごいねとても上手い。君はある?雪を見たことはある?」と聞いてきたのである。
「あるよ」僕は失礼な子だなと思いながらも、短く返事をした。
「本物の雪よ?」
「本物?」
 彼女の言う『本物の雪』は確かに僕の想像する雪とは違っていた。
 冷たくはないそうなんだけど、ただ、手で触れると溶けて。とても白くて、見ていると恐怖を覚えるほどに美しいのだという。
 そして、朝、夜明けより早く目覚めると、そこは一面、真っ白になっているらしい。タイヤの跡も足跡も何もなく、真っ白な、世界から切り離されてしまったような空間がそこにはあって、そこに自分の足跡を急いでつけに行くのが好きで、そうすると世界を征服したような錯覚になれるそうだ。
 たぶん、僕が大会に出す大きなキャンバスを目の前にしたときの興奮とかと、近い感じなのだろう。
 初対面の人にうれしそうに雪について説明する彼女は、きっと僕より年上なのに、すごく幼い子どものようで。僕が思う以上に、彼女の中に大切な思い出として、特別な存在としてあるのだろうと思った。その時、彼女はゆっくりとその顔を曇らせていった。
「あたしね、もう、出れないの…きっと。……だから、雪を見てみたい、目に、記憶に、心に、しっかり残しておきたいの」
「ねえ、雪を描いてよ」と彼女が言うから。僕はスケッチブックをめくり、何もまだ書いていないところを開くと彼女にそれを見せ。これが僕の雪だといった。
 これが彼女と僕の出会いだ。

「マネッチアが見たいわ」

     

[1]次へ 最後
現在 1/3(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除


[0]小説案内ページに戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

ラブノベ
小説家になろうに投稿された作品の中から、恋愛小説をピックアップして掲載しているサイトです。

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject