小説家になろう
四精霊の伝説
第1部 国境の向こうの旅
翼 持 つ も の

(1)

 バートは乗用陸鳥ヴェクタに乗って草原を駆けていた。目の前には若葉色の草原がどこまでも広がっていて、心地良い風が頬に当たる。しかし、乗用陸鳥ヴェクタに乗るバートの顔はこわばっていた。
 目的地はまだ見えない。
「……ト。バ……トおっ」
 風の音に混じって少女の高い声が耳に届いた。バートは驚いて振り返った。もう一匹の乗用陸鳥ヴェクタが、バートの少し後ろを走っていた。乗っている少女の金髪の髪が揺れている。そこから少女は、声を限りにバートの名を叫んでいた。
 バートは自分の乗用陸鳥ヴェクタの速度をゆるめた。少女の乗ったヴェクタがすぐそばまで追いついてきた。
「……何しに来たんだよ」
 バートは不機嫌に少女に声をかけた。
「あたしも一緒に行こうと思って。サウスポート」
 少女はバートをまっすぐに見つめて言った。サウスポートはピアン王国最南の港町で、今まさにバートが向かおうとしている町である。
「お前が?!」バートは驚いて大声を上げた。
「お前、自分の立場とこれから行くところの状態、わかってるのか? ……ってか、いくらなんでもまずいだろ、お前が動いちゃあ」
「どうしてあたしが動くとまずいのよ」
 少女が言い返してきた。
「王女って何のためにいるの? こういうときのためでしょ。こういうときに動かないで、何が王女よ」
 そう言われてしまうと、バートは何も言い返せない。彼女の言葉は筋が通っているようで、どこかしら強引なような。
「それに、お父様の了解はいただいたわ」
 と少女は言う。バートはそれはあやしいなと思ったが、バートはどうしてもサウスポートに行かなくてはならない。するとこの少女も当然、ついてくるだろう。ということは、二人でサウスポートに向かうしかない。
「仕方ないな……」
 バートは観念してため息をついた。
「ていうか、良く追いついてこれたよな。お前のヴェクタってそんなに速度出るのか?」
「ええ。ピアン王国最速のヴェクタを拝借してきたの」
「良いな。俺もそっち乗って良いか?」
「良いけど、二人乗りになると速度落ちるわよ?」
「ああそっか。じゃあ、このまま行くか」
「……良かった。最初すごい顔してたけど……意外と元気そうだから」
 少女はぽつりとつぶやいた。この少女は自分を心配して、王国最速のヴェクタで追いかけてきてくれたのか――と、バートは思った。

 *

 バートを追いかけてきた少女の名はサラという。年齢は十六歳。とても可愛らしい顔立ちをしているが、こう見えて本格的な体術を叩き込まれており、そこいらのピアン一般兵より強かったりする。今は金髪の長い髪を後ろでくくっており、動きやすい武道着を身に着けていた。
 サラはピアン王の一人娘で、ピアン王女ということになる。
     

[1]次へ 最後
現在 1/10(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject