小説家になろう
四精霊の伝説
第2部 つかの間の交叉
動 か す 力

(1)

「いちごーう、にごーう、さんごーう」
 今はガルディアの手に落ちてしまったピアン王宮の厨房で、エルザは枡ですくった米をボウルにざざあっと流し入れていた。
「今日から一人増えたからね。魚の切り身は三枚か。あとは菜っ葉と、お塩と……」
「ダシ用の昆布忘れないでね」
 おたまで鍋の中身をかき混ぜていたユーリアが横から口を挟んできた。エルザはふふん、と笑って言ってやった。
「アイツらに昆布ダシなんてゼータクよ。魚から出るやつで十分」
「あとこれ」
 と、ユーリアに細くて長い硬い緑の葉を数枚手渡された。
「?」エルザはユーリアを見上げる。
「熱さましの薬草。中庭に生えてたから摘んどいたの」
「……さっすがユーリアおばさん」
 そこまで気が回らなかったエルザは素直に感心する。
「おねえさん、でしょ。怒るわよ」
 ユーリアはにっこりと微笑みながら、エルザを軽く小突いた。

 *

 三人分の食料をボウルに入れ、エルザは裏門近くに建てられた粗末な小屋に向かった。その小屋は、かつてピアン王宮の「裏門」が機能していた頃、夜勤の門番が交代で仮眠を取ったり休憩したりしていた小屋だった。しかし、今は……
(私たち試されてるのかしら、もしかして)
 エルザは片手をポケットに突っ込んで鍵を取り出すと、小屋の扉の鍵穴に差し込んだ。扉を開けて、明るく叫ぶ。
「やっほー。メシ持ってきたわよー」
「何がやっほーだ」
 大きく息をつきながら、疲れきった表情のエルザの弟――フィルが姿を現した。
「はい、これが今日の夕食分」
 エルザは笑顔でボウルをフィルに押し付けた。
「いつもより多いな」
「サービスよ」とエルザは答える。
「そうか……」
 とだけ言って、フィルは黙ってじっとこちらを見ている。
「?」
「……聞かないのか?」
 と、フィルは口を開いた。
「何を」
「リィルの具合」
「…………」
 エルザは素早く左右を確認する素振りを見せてから、言った。
「あんまアンタと私で一家団欒な話もしてらんないでしょ」
「オヤジが命には別状ないからって」
「当たり前でしょ、たかだか高熱出したくらいで。そんなんで死んだら笑うわよ」
 そして暫く沈黙が流れた。
「……バート君は」フィルが尋ねてくる。
「あーもー全然平気」エルザは即答した。
「何針か縫ったとか聞いたけど……まあ、アイツ身体だけは丈夫でしょ。ホラ、いつかの家族対抗地獄巡りレースのときだって」
「その話は思い出したくないからやめてくれ……」
 あの地獄の日々のことを思い出したのか、フィルは顔をしかめた。
 ――そして、また、暫くの沈黙。
「……何も、不自由してない?」
 と、エルザは尋ねてみる。
「エルザこそ……無理してるんじゃないか?」
「そっくり返すわよ。アンタらもサッサとガルディアに忠誠誓っちゃえば楽になれるのに」

     

[9]前へ [1]次へ 最後
現在 1/15(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject