小説家になろう
四精霊の伝説
第1部 国境の向こうの旅
旅 の 始 ま り

(1)

「本当に一人で大丈夫なんですか?」
 と、リスティルが尋ねてくる。いつも通りの穏やかな口調で、キリアの心を確かめるように。
「うん、大丈夫よ、一人で」とキリアは答える。
「だからリスティルは、おじいちゃんのことお願い」
「わかりました」
 髪の長い青年はしっかりとうなずいた。
 キリアは一人「塔」を出て、国境の向こうの旅に出る。南の隣国のピアン首都までの旅は完全な一人旅となる。初めての一人での長旅。不安よりも、
(ずっと塔を出たいって思ってた)
 キリアは乗用陸鳥ヴェクタの背で大きく伸びをする。今回の旅はかなりの長旅になるだろう。空は青くて広い。キグリスの大草原を南に街道が延びている。振り返れば小さく遠ざかっていく塔が見える……。

(2)

 バートの母はピアン首都で『|SHINING OASISシャイニング・オアシス』という名の小ぢんまりとした食堂を営んでいる。ここは昼間は食堂だが、夕方を過ぎると酒も飲めるようになる。二階には二人部屋が三つあり、宿泊もできる。交代制だが一応、入浴もできる。昼にランチを食べに来る人、夜に酒を飲みに来る人、そのまま入浴して泊まっていく人。客はそこそこ多く、特に昼時と夜は賑わっていた。
 サウスポートを追われ、家族ともはぐれたリィルは、バートの家で住み込みで働くことになった。バートと母は「別に働かなくても」と言ったのだが、リィルは住まわせてもらうからには働きますと言って譲らなかった。
「すみません、宿泊部屋ひとつ占領しちゃって」
「良いのよ。私とリィル君の仲でしょ。遠慮なんかしないで。それに昼時は忙しいから、正直、手伝ってもらえるのはすっごく助かるのよ。コイツは手伝いサボってばっかで何の役にも立ちゃあしないし」
 バートの母ユーリアは息子を横目で見ながら言った。だってめんどくせーんだもん、とバートが良くわからない言い訳をする。
 リィルがバートの家で寝泊りするようになってから数日後。一人の女性が『SHINING OASIS』を訪れた。開店直後で、客はまだ一人も居なかった。
「こんにちは」と言って、女性は食堂の扉を開けて中に入ってきた。
「いらっしゃい」
 厨房で準備をしていたバートの母が明るく声をかけた。バートとリィルは慌てて水とおしぼりを持って出て行った。
 女性はバートたちと同じくらいか少し上の年齢に見えた。ストレートの髪を肩まで伸ばしている。見慣れない顔だった。
「とりあえず空いている席へどうぞ」
 リィルは笑顔で女性に言った。こいつ接客業に向いてるな、とバートは思った。バートは接客が下手で、母に「少しはリィル君を見習いなさい」とまで言われていた。
「あ、ごめんなさい。ええと、ちょっとお聞きしたいことがありまして」
 女性は席に着くそぶりは見せずに言った。
「なんだ、客じゃねーのかよ」

     

[9]前へ [1]次へ 最後
現在 1/9(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject