小説家になろう
四精霊の伝説
第1部 国境の向こうの旅
邂 逅

(1)

 夜明け前。バートは時折背後を気にしながら二人乗りの乗用陸鳥ヴェクタを走らせていた。目指すは首都の北に位置するリンツという町だった。リンツはピアン王国で二番目に大きい町である。この乗用陸鳥ヴェクタだと、リンツに着くまでには丸一日弱かかる。真夜中に首都を出てきたバートたちがリンツに着くのは、やはり夜頃になるだろう。
「今のところ、追っ手は追いついてきてねーみたいだな」
 バートはサラに言った。
「そうね」とサラ。
「追っ手は上手くまけたんじゃないかしら。もう大丈夫かも」
「でも、まだ気は抜けねーな。リンツまでは休みなしで飛ばすぞ」
「良いわよ。リンツに着いたらゆっくりどこかの温泉宿にでも泊まりましょう」
 うきうきとサラは言った。
「……お前、わりとのん気だな。自分の命が狙われてるってのに」
 バートは呆れる。
「だって、ずっと気ぃ張ってても疲れるじゃない」
 地平線から、ゆっくりと太陽が姿を現し始めた。草原の真ん中を北へ延びる街道が少しずつはっきりと照らし出されていく。
「ねえバート。せっかく遠出するんだから、大精霊”ホノオ”には会っていきましょうね」
 朝日に照らされた王女の横顔は輝いていた。
「……そっちが目的かよ、もしかして」
「細かいことは良いじゃない」
 ピアン王国とキグリス王国の国境であるピラキア山脈には、「開かずの扉」と、大精霊”ホノオ”の伝説がある。岩肌にはめ込まれた、誰にも開けられない「扉」。その奥で大精霊”ホノオ”が眠っているという伝説――と、サラは語る。バートもサラも、その場に行くのは初めてだった。
「でも、『開かずの扉』って。誰にも開けられないって。それじゃあ大精霊”ホノオ”には会えねーってことじゃねーか」
「うーん。そうねえ……」とサラ。
「でも、例えそうだったとしても、良いのよ。伝説の、その場に行くってのが大切なんだから」
「ふーん……」
 バートは気のない返事をする。とりあえず目指すはリンツの町だ。

 *

 リィルとキリアも、二人乗りの乗用陸鳥ヴェクタを北に向けて走らせていた。バートのメモには大精霊”ホノオ”と書いてあった。大精霊”ホノオ”といえば、国境のピラキア山脈。バートとサラがそこに向かっているとしたら、北のリンツという町に立ち寄るはず。バートたちがリンツに着くのはおそらく夜で、バートたちはリンツに一泊するだろう。リィルたちがリンツに着くのは、休みなしでヴェクタを走らせて多分朝になる。そこで追いつける、というのがリィルとキリアの読みだった。
 リィルとキリアは運転を代わりながら北を目指した。真上にあった太陽がゆっくりと高度を下げ、あたりがだんだん薄暗くなり、そして街道が完全な闇に包まれ……、前方に、小さな木造の建物が見えてきた。「道の駅」
     

[9]前へ [1]次へ 最後
現在 1/11(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject