小説家になろう
四精霊の伝説
第1部 国境の向こうの旅
炎 の 扉 I

(1)

 四人は二匹の乗用陸鳥ヴェクタに乗って山道を進んだ。上り坂なので、速度はさすがに平地を進むときと比べてがくっと落ちている。一応、ヴェクタでも歩きやすい『道』にはなっているのだが、道の状況や傾斜次第では、四人はヴェクタから降りてヴェクタを歩かせながら進まなくてはならなかった。
 天気は良く、時々通り過ぎる風の流れは気持ちが良い。時々木々が開けて見晴らしの良いところに出る。眼下には、今まで通ってきた街道や森や草原が広がっていた。
 バートは元気で、いつもより良く喋っていた。リィルたちもそれに合わせて良く喋った。四人は朝の出来事など何もなかったかのように振る舞った。
「ここだわ」
 太陽の位置からすると、昼を少し回った頃だろうか。マップを眺めていたサラがそう言って乗用陸鳥ヴェクタを止めた。普通に進んでいたら見逃すところだったが、そこは分かれ道になっていた。良く見ると朽ちかけた木でできた方向板が周囲の木々に溶け込むように立っていた。
 分かれ道の一方は今までどおりの山道で、ピラキア山頂、キグリス方面に続いている。もう一方は細くて狭くて進み辛そうな、ほとんど獣道だった。
「一応書いてあるわね。『大精霊”ホノオ”の眠る地』こちら……だって」
 キリアが方向板に彫られていた文字を読み上げた。
 四人は細い道のほうに乗用陸鳥ヴェクタを進め――、やがて、『大精霊”ホノオ”の眠る地』に辿り着いた。木製の小さな看板にそう書いてあった。四人の目の前には、切り立った高い崖があった。その崖の岩肌に、金属製の古びた『扉』がはめ込まれていた。扉には凝った芸術的な文様が刻まれており、バートには読めない文字も彫られていた。
「これが……!」
 と言って、サラは絶句した。その表情は感動のあまり言葉も出ない、といったふうだった。
「へええー。これは……確かにちょっとしたもんだね」
 リィルも感動の声を上げた。
「ただの金属製の扉じゃんか。そんなに面白いか?」
 バートは首を傾げる。
「何言ってるの! バートは何も感じないの? 古代のロマンとか……精霊たちの息吹とか……」
 うっとりとサラは言う。
「うーん……」
 バートは腕組みをして考え込んだ。
 キリアは扉に彫られている文字が気になるらしく、熱心に目で追っていた。ついには鞄から本のようなものを取り出して扉の文字と見比べ始めた。
「キリア、読めるの?」サラが尋ねる。
「残念ながら」キリアは首を振った。
「『古代語』に似てるなと思ったんだけど、違うみたい」
「古代語なら読めるんだ?」とリィル。
「まあね」
 キリアは言って、本を閉じて鞄にしまった。
 サラは金属製の扉に手を伸ばし、ぺたぺたと触っていた。扉には金属製の取っ手が取り付けられている。サラはそれを掴んで、思い切り手前に引っ張った。扉はびくとも動かない。
     

[9]前へ [1]次へ 最後
現在 1/6(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject