小説家になろう
四精霊の伝説
第1部 国境の向こうの旅
旅 の 途 中 ・ 再 会

(1)

 リネッタは山のふもとの小さな村で兄と一緒に暮らしている。「ギール」という名のこの村はピラキア山脈の北側の麓にあり、キグリス王国最南の村である。ピラキア山脈を越えて南側は、キグリスではなくピアン王国領になっている。
 リネッタは十八歳で、いつもは「ワールドアカデミー」の寮で生活している。ワールドアカデミーはキグリスのとある山中にある教育機関だが、国籍に関係なく入学することができ、そこでは様々な教育を受けることができる。リネッタは今は春期休暇ということで、兄の暮らすこの村に帰ってきていた。
 久しぶりの村でののんびりとした生活に馴染んできたある晩のこと。リネッタは思いもかけない懐かしい人物と再会することになった。ワールドアカデミーの古い友人、キリアという名の少女である。
 キリアは旅の途中でこの村を通りかかり、リネッタの兄の家があることを思い出して訪ねてきたのだった。キリアもまさかリネッタがここに来ているとは思っていなかったらしい。二人は偶然の再会を喜び合い、思い出話に花を咲かせた。

 *

 キリアはリネッタの同級生だったが、十歳のときにワールドアカデミーを自主退学し、「大賢者の塔」というところに引き取られていってしまった。彼女の身内曰く、「ワールドアカデミーはキリアには合わない」ということらしい。リネッタにとってキリアは無二の親友だったから、キリアがいなくなってしまったときの寂しさといったらなかった。
 「大賢者の塔」は、キリアの祖父、キルディアスが暮らす塔である。キルディアスはキグリスの大賢者と呼ばれており、キリアはその孫で、跡継ぎである。キルディアスの娘、すなわちキリアの母はキリアが小さい頃に亡くなった、と聞いた。キリアの父はキグリス王宮に仕えている宮廷剣士で、リネッタの父の同期である。ついでにリネッタのもう一人の兄は、大賢者の塔でキルディアスに仕えていたりする。
 というわけで、リネッタの一族とキリアの一族はけっこうあちこちで繋がりがあったりするのだが、リネッタはここ数年の間、キリアにはほとんど会えていなかった。塔では一般の者が塔の内部の者に会うことはできず、キリアはほとんど塔の外に出してもらえない、はずなのだ。それが、聞いてみると、キリアは塔を出てずいぶん長い旅をしている途中なのだという。
「ええと、塔を出て、国境越えてピアンの首都に行って、リンツに寄って、またピラキア山脈越えてここに来て、これからキグリスの首都に行くところなの」
「良く塔出してもらえたね。そんなに長い間」
「最初は『任務』だったのよ」とキリアは言う。
「おじいちゃんとキグリス王に頼まれて、『ピアンの王女を連れて来い』って。でも途中で事情が変わっちゃってね」
「事情が?」
「ピアンの王女と、キグリス(うち)の王子の話は知ってるんでしょ?」

     

[9]前へ [1]次へ 最後
現在 1/7(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject