小説家になろう
四精霊の伝説
第1部 国境の向こうの旅
奪 わ れ た 王 女

(1)

 朝にギールを発ち、一日乗用陸鳥(ヴェクタ)を走らせて、バートたち一行は日が落ちかけた頃に「道の駅」の小屋に辿り着いた。つくりはピラキア山脈ピアン側のふもとで泊まった小屋とほぼ同じで、いくつかの二段ベッドと、部屋の中央には大きめのテーブルが置いてあった。
 ギールで食材を買い込んでいたので、四人でシチューをつくることにした。小屋の中のテーブルで野菜を切り、小屋の外にあったかまどに鍋をかけて水と牛乳で煮込む。四人はシチューを食べながらパンを食べ、サイナスからの餞別である葡萄酒の栓を開けた。
「それでは、あたしたちの楽しい旅に。乾杯ー」
 サラが言って、四人はそれぞれのコップを掲げた。バートとサラとリィルは中身を一気に飲み干した。しばらく後、バートは顔を真っ赤にしながらわけのわからないことを語り始め、サラは楽しそうに笑い声を上げ、リィルは机に突っ伏して寝息を立て始めた。キリアは三人の様子を気にしながら、サラに相槌を打ちつつ、ちびちびと飲んでいた。
(誰が後始末するんだろ、これ……)
 はっと我に返ってみたものの、キリア自身もお酒の所為かちょっと楽しい気分になっていたので、まあ良いか、とか思っていたりした。

 *

 翌朝、サラが目覚めると小屋の中は葡萄酒の香りで満ちていた。テーブルの上にはからになった葡萄酒の瓶と、コップが四つと、シチューの皿が散乱していた。バートとリィルとキリアはそれぞれのベッドで眠っているようだった。
(あら? あたし、どうやって自分のベッドに入ったのかしら……)
 サラは昨夜、自分でベッドに入った記憶がなかったが、気にしていても仕方がないので立ち上がった。テーブルの上の皿を四枚重ね、コップも四つ乗せ、小屋の扉を開けて外に出る。小屋から少し離れたところにあった水場で皿とコップをきれいに洗った。
 洗いものを終えて小屋に戻り、小屋の扉を開けた瞬間――サラは何か違和感を感じた。眩暈がして一瞬意識が飛ぶ――。陶器が砕け散る音。はっと我に返ると、サラは床に座り込んでいた。目の前に、砕けた四枚の皿と四つのコップの破片。床に手をついて立ち上がろうとしたとき、指先に鋭い痛みを感じた。飛び散っていた陶器の破片で指を切ってしまったらしい。その痛みで、目が覚めた。
 サラは口元に手を当てて軽く咳き込んだ。小屋の中はひどく空気が悪かった。
「みん、な……!」
 サラは息を止めて小屋の中に駆け込んだ。一番近くのベッドの中に横たわるバートを思い切り揺さぶる。反応は無い。サラは夢中でバートを担ぎ上げると小屋の外に出た。地面にバートを下ろすと、再び小屋の中に駆け込む。リィルも同じようにして小屋の外に担ぎ出す。続けてキリアのベッドの脇に駆けつけ……キリアがそこに居ないことに気が付いた。
「キリア?!」

     

[9]前へ [1]次へ 最後
現在 1/17(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject