小説家になろう
四精霊の伝説
第1部 国境の向こうの旅
急 転

(1)

 小屋の中では、漆黒のローブに長い髪をした男が、腹を抱えてうずくまっていた。
「ぐっ……何故ピアンの王女が……これほどの攻撃力を持っている……?」
「サラにやられたのか……」
 見下ろしてリィルが呟いた。
「サラ、ああ見えて、武術得意だからな」
 とバートも言う。キリアはその長髪の男を見下ろして、やっぱり、と大きくため息をついた。
「まさかとは思ってたけど……やっぱり……シェイン伯父さまだったのね……」
「キリアか……随分と早かったな」
 長髪の男……シェインは無表情で姪のキリアを見返した。
「おあいにくさまね。伯父さまはバートとリィルに傷を負わせて私を残すことで『足止め』のつもりだったんでしょうけど。残念ながらすぐに追いかけることができちゃったのよね。だいぶ無理してだけど。……っていうか、いくら伯父さまでも、殺す気はなかったんでしょうけどやり過ぎよ! 一体何を企んでたの? ちゃんと説明してくれないと!」
「キリア、さっきからおじさまって、」リィルが尋ねてくる。
「ああ――彼、シェイン伯父さま」キリアは伯父を見て言った。
「私の母の兄で、あ、もっとわかりやすく言うと大賢者キルディアスの長男ね。で、キグリスの宮廷術士やってるの。だからあんなに『強かった』のよ」
「それでも……、俺たちがやられたのは、やっぱり俺たちの力不足なんだよな」
 バートが悔しそうに言った。
「でも、伯父さまの強さは反則級なんだから、そんなに落ち込まなくても良いのよ」
 とキリアはフォローしてみる。
「例えるなら――、そう、ピアン王国におけるクラヴィス将軍みたいな、」
 その名前を聞いて、バートがわずかに表情を硬くした。はっとしてキリアは言葉を止めた。
 今更ながら、バートに関して思い当たったことがあった。「”ホノオ”の扉」から出てきた後、サラがキグリス首都に行くと言い出したとき。バートは反対するのかと思いきや、あっさりとサラのキグリス行きに賛成したのだった。もしかしたら、サラだけでなく、バート自身もピアン首都に帰りづらく感じていたのかもしれない……。クラヴィス将軍のことで。
「シェイン……」
 キグリス王子ロレーヌが、ずいっとシェインに詰め寄った。
「……失敗したね?」
「不可抗力だ。キリアたちの声を聞いた途端、突然この王女が暴れだして……」
「バカバカ! これじゃ折角の計画が台無しじゃないか! どーしてくれるんだよおー!」
「計画? 台無し? どういうこと?」
 キリアは王子と伯父を代わる代わる見つめて尋ねた。
「……ごめんなさいっ」
 突然、シェインの傍らに座り込んでいた、オレンジ色のバンダナをした少年が、両手を床について頭を下げた。
「……アリス、」
「もうバレちゃったんだから良いでしょう、シェインさま」

     

[9]前へ [1]次へ 最後
現在 1/5(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject