小説家になろう
首吊り小屋は今日も賑やか
作者: Pー龍

深い山の奥の奥のそのまた奥のさらに奥、地図には載っているけれど誰も知らない友嶺村、三首集落。そこに噂の首吊り小屋は建っていた。吸い寄せられるように集まってくる自殺志願者たち。死を覚悟した彼らを待っていたものは・・・ 文明社会と隔絶した閉鎖空間の中で繰り広げられるのはスローライフ? はたまたブラックな労働環境なのか?

【連載中】 全3部分

▼小説文字数 / 読了時間
18,310文字 / 37分

▼ジャンル
ローファンタジー[ファンタジー]

▼キーワード
伝奇 日常

▼最終掲載日
2017/04/11 18:57

■Nコード:N1161DX



<R15>15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷な描写〕〔15歳未満の方の閲覧にふさわしくない表現〕が含まれています。

           

PC/スマートフォンで小説を読む

■小説を読む(目次)■
◇小説閲覧設定◇

◆小説情報◆
◇同一作者の最新小説◇

この作品はパソコンで投稿されました。

[1]ポイントを入れる
[2]レビューを読む
[3]レビューを書く
[4]感想を読む
[5]感想を書く
[6]ブックマーク /ブックマーク解除
※作品をブックマーク登録する場合はログインしてください。

更新通知を登録する
(ネット小説更新チェック様提供)
▼この小説のURL
http://nk.syosetu.com/n1161dx/

0ユーザページTOP

           


▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject