小説家になろう
ゆらぎ堀端おもかげ茶房
作者: たびー

離婚を期に生まれ故郷へ戻った汐里。 古民家風カフェ開店をめざして、かつて伯父が乾物屋を営んでいた堀川に囲まれた「しもたや」へと引っ越してくる。 そこで、出会うのは幼馴染、謎のおしかけ美女、口の悪い公務員、そして密かな謎。 海水と淡水、夢と現が混ざりあう町で汐里は暮らし始める。

【連載中】 全4部分

▼小説文字数 / 読了時間
16,852文字 / 34分

▼ジャンル
ローファンタジー[ファンタジー]

▼キーワード
伝奇 古民家カフェ 起業 幼馴染 微百合? 蔵 人魚伝説 お人形

▼最終掲載日
2018/01/26 22:37

■Nコード:N1689EN


           

PC/スマートフォンで小説を読む

■小説を読む(目次)■
◇小説閲覧設定◇

◆小説情報◆
◇同一作者の最新小説◇

この作品はパソコンで投稿されました。

[1]ポイントを入れる
[2]レビューを読む
[3]レビューを書く
[4]感想を読む
[5]感想を書く
[6]ブックマーク /ブックマーク解除
※作品をブックマーク登録する場合はログインしてください。

更新通知を登録する
(ネット小説更新チェック様提供)
▼この小説のURL
http://nk.syosetu.com/n1689en/

0ユーザページTOP

           


▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject