小説家になろう
(短編版)日本が日露戦争後大陸利権を売却していたら? ~ノートが繋ぐ歴史改変~
日本が日露戦争後大陸利権を売却していたら? ~ノートが繋ぐ歴史改変~

作者: うみ

ロシアと戦争がはじまる。 突如、現代日本の少年のノートにこのような落書きが成された。少年はいたずらと思いつつ、ノートに冗談で返信を書き込むと、また相手から書き込みが成される。 なんとノートに書き込んだ人物は日露戦争中だということだったのだ! ずっと冗談と思っている少年は、日露戦争の経緯を書き込んだ結果、相手から今後の日本について助言を求められる。こうして歴史改変が意図ぜずはじまったのだった。 ※長編版投稿開始しました。シリーズ化しましたのでそちらからどうぞ。 ※カクヨムにも投稿してます。

▼小説文字数 / 読了時間
4,050文字 / 9分

▼ジャンル
歴史[文芸]

▼キーワード
架空歴史 日露 日本 日本優遇

▼掲載日
2017/02/04 18:48

■Nコード:N2314DU


           

PC/スマートフォンで小説を読む

■小説を読む■
◇小説閲覧設定◇

◆小説情報◆
◇同一作者の最新小説◇

この作品はパソコンで投稿されました。

[1]ポイントを入れる
[2]レビューを読む
[3]レビューを書く
[4]感想を読む
[5]感想を書く
[6]ブックマーク /ブックマーク解除
※作品をブックマーク登録する場合はログインしてください。

▼この小説のURL
http://nk.syosetu.com/n2314du/

0ユーザページTOP

           


▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject