小説家になろう
座敷童のいち子
作者: 有知春秋

【灰やさらし粉の上に小さな足跡を残し】 【夜中に糸車を回す音を立て】 【布団にまたがり、枕を返す】  この三文からでは子供の悪戯としか導き出せないが、東北地方に福の神や精霊的な存在として伝承された存在、もしくは【小袖を着たおかっぱ頭の子童が】と三文の主語に加えれば、脳裏に浮かぶ存在がいると思う。 【見覚えのない幼女が縁側に座っていた】 【見覚えのない少年が仏壇に手を合わしていた】 【見覚えのない少女が火事になりそうな台所を知らせてくれた】  不法侵入者なのだが、小袖を着た子童と同じく語れば尽くせない目撃証言があり、その後には—— 【一汁一菜の食卓に一品が追加された】 【家主が出世した】 【家が安泰した】  ——という感謝の言葉が繋がる。  いつしか小袖を着た子童や見覚えのない子供は、家の盛衰を司る【座敷童】として信仰された。  しかし、どんな物語にも裏話があるように、座敷童にも裏話がある。  座敷童が目撃証言や伝承として語られる前の平安時代、現代では八地方区分された北海道•東北•関東•中部•近畿•中国•四国•九州沖縄では様々な座敷童が人々と交流し、悪戯好きな守護霊として身近な存在だった。  その身近な存在だった座敷童が現代では……  座敷童の文化と風習は衰退を極め、目撃証言や伝承しか残っていない。

【連載中】 全105部分

▼小説文字数 / 読了時間
711,626文字 / 1,424分

▼ジャンル
ローファンタジー[ファンタジー]

▼キーワード
日本ファンタジー 座敷童デジタル化計画 ネット小説大賞六

▼最終掲載日
2017/12/10 07:37

■Nコード:N2393CU


           

PC/スマートフォンで小説を読む

■小説を読む(目次)■
◇小説閲覧設定◇

◆小説情報◆
◇同一作者の最新小説◇

この作品はパソコンで投稿されました。

[1]ポイントを入れる
[2]レビューを読む
[3]レビューを書く
[4]感想を読む
[5]感想を書く
[6]ブックマーク /ブックマーク解除
※作品をブックマーク登録する場合はログインしてください。

更新通知を登録する
(ネット小説更新チェック様提供)
▼この小説のURL
http://nk.syosetu.com/n2393cu/

0ユーザページTOP

           


▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject