小説家になろう
ガラクタ山の女の子

 ぼんやりとした薄明かりに、いくつもの、ガラクタの山がありました。
「よいしょっ!」
 向こうから、女の子の声が聞こえます。
 それは、ひときわゴチャゴチャして、汚れて、ひどい有り様のガラクタの山からでした。

 女の子はひとりで、ガラクタの仕分けをしているのでした。
 額の汗を拭うと、ガラクタばかりの大きな山を見上げます。
 あまりの多さに、気が遠くなりそうです。
 こういう時、女の子はお気に入りのポーズをとることにしていました。
 腰に両手をやり、ちょっと眉間を寄せながら、にやりと笑って、首を振りながら、ふぅ、と、ため息をつくのです。
 そうすると、ちょっと恰好をつけている自分がおかしくて、なんだか元気が出てくるのでした。

 ガラクタの山には、いろいろなものがありました。
 欠けたお人形。
 破れた着物。
 女の子はそれを一つ一つ、手にとって、布できれいに拭いていきます。
 それから、すでに仕分けられた周りの山へと運んで行くのでした。

 一つのお人形を手にしたときです。
「……ねぇ」
 女の子はちょっとびっくりしました。お人形が口をきいたからです。
 みると、とてもていねいな作りのお人形でした。
 少し欠けていても、真っ白な肌は透き通るように輝いて、きれいです。
 長い髪はまっすぐで、乱れがありません。
 衣装も細かいところまでしっかりと作られた、それは立派なものでした。
 でも、真っ黒なドロドロの汚れが、全部を覆っているのです。
「ここは、どこ?」
「ここはね……」
 女の子はちょっと口ごもりました。
「役目を終えたものが、運ばれてくるところなのよ」
 ちょうど、ガラガラと荷車の音が遠くから響いてきました。
「ちょっと待っててね」
 女の子はお人形を手にしたまま、ガラクタの山を降りました。
 そして、足もとの小箱の上に、ちょこん、とお人形を座らせました。

 ガラゴロ、荷車の音が近づいてきます。
 大きな荷車には、山のようにガラクタが積まれていました。
 それを、大きな男の人がゆっくりと引きながら、女の子のところへと向かってきました。

「よろしくお願いします」
「いつも御苦労さま」
 男の人は、女の子にうやうやしくお辞儀をすると、荷車のガラクタを、てきぱきとおろしはじめました。
 仕分け途中のガラクタの山が、また一回り大きくなりました。
「失礼いたします」
 男の人は、また深々とお辞儀をすると、カラカラと、空っぽになった荷車をひいて去っていきました。

「……私たち、いらないものなのね」
 お人形が口をききました。
「私たち、いらないから、ここに来たのでしょう?」
「そんなことないわ。役目を、終えたの」
「みんな、こんなに黒くて、ドロドロになって、汚くて、いらないから、ここに来たのでしょう?」

     

[1]次 最後
現在 1/2(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除


[0]小説案内ページに戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject