小説家になろう
はずれ者と大地の竜
作者: 伊月ともや

 大きな戦が遠い昔の記憶となったユリスティア国の極東にあるキエト村は争いもなく、ただ穏やかで平和な村であった。そこに「はずれ者」と呼ばれていた少年・ティオがいた。彼は人並みの体力や腕力がなく、農作業も上手く手伝えないことから、村人からため息交じりに見られていたのである。そんな日々が続いていたある日、空から大きな竜が落ちて来る。白く美しい竜は東の大地を守っている「大地の竜」と呼ばれる存在であった。怪我をしていた竜をティオは必死に看病するが、それは報われず竜は空へと還ってしまう。彼は竜が死ぬ間際に、卵の存在を知り、生まれてくるその小さな命を見て、自分で守りたいと強く意思を持つようになる。ルシェと名付けた子竜が「大地の竜」となるために、聖都で洗礼を受けなければならない事を知った彼はルシェを連れて一人で村から旅立ち、その旅路で人々と出会い、感じながら、少しずつ成長していく。

【完結済】 全24部分

▼小説文字数 / 読了時間
90,659文字 / 182分

▼ジャンル
ローファンタジー[ファンタジー]

▼キーワード
伝奇 冒険 竜 ファンタジー 男主人公 旅 ネット小説大賞六 ネット小説大賞六感想

▼最終掲載日
2017/09/14 15:40

■Nコード:N2797DT


           

PC/スマートフォンで小説を読む

■小説を読む(目次)■
◇小説閲覧設定◇

◆小説情報◆
◇同一作者の最新小説◇

この作品はパソコンで投稿されました。

[1]ポイントを入れる
[2]レビューを読む
[3]レビューを書く
[4]感想を読む
[5]感想を書く
[6]ブックマーク /ブックマーク解除
※作品をブックマーク登録する場合はログインしてください。

▼この小説のURL
http://nk.syosetu.com/n2797dt/

0ユーザページTOP

           


▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject