小説家になろう
怪盗な季節☆ 
救明な季節☆
救愛

「いえ、別に大丈夫ですよ。
 迷惑だなんて思っていません。
 それに、捕虜を助けなければならないのはいつかしなければならないことでしょう?」

シンファクシにそう伝えて俺は目の前に置かれたコーヒーのカップを掴む。
メイナが入れたこのコーヒーおいしいようなおいしくないような。
というかコーヒーのおいしい、まずいはまだ俺には早い気がする。

「まぁ……。
 そうだが――うん」

シンファクシが口をつぐんで黙り込む。

「とにかく、明日のお昼に出発するんですね?
 分かりました。
 じゃあ多少なりの用意だけはしてこうと思います」

「あー波音。
 シエラにもこの作戦は一応伝えてあるから安心して。
 セズクも知ってるはず。
 当然仁もね。
 もう色々と根は廻してあるから安心して」

「ん、分かった。
 じゃあ、明日の昼だな。
 明日の昼十二時に出発なんだな。
 ん、分かった」

俺は最後に元帥へ礼をすると部屋から出た。
廊下の窓から差し込んでくる月光が床を照らす。
ふと、気配を感じて後ろを見る。

「波音君……」

「……なんだ」

アリルか。
青白い光の中にうっすらと浮かび上がった少女が俺を見つめていた。
いったいいつからそこにいたのだろうか。
色々と忙しいせいで構ってあげることが出来なかったからな。
ほったらかしっぱなしだった、そういえば。

「行くんですか……?
 助けに……?」

話を聞いていたのか。
一体いつからいたのやら。

「行くよ。
 そりゃ行くよ」

俺はアリルの問いに即答した。
行かないという選択肢が見つからないんだものだって。

「でも……波音君」

何を言いたいんだろう。
行くな、とでも言いたいのだろうか。
最終兵器になった俺に力を使ってほしくないと言っているのだろうか。
それは残念だけど無理な話だ。

「…………」

俺はしばらく黙りこむ。
アリルが何を言いたいのかが分からないとどうしようもないからな。

「私、心配です」

アリルは言うか、言わないかで迷っていただらしい。
うろうろと考えていたのだろうか。
両手を力強く握り締めるとアリルは口を開けたり閉じたりしていた。
が、ようやく決意が固まったらしい。
それだけの言葉を吐き出してまた黙ってしまう。

「何が心配なんだ?」

その心配を打破しなけりゃどうしようもないわな。
ずっと、ぼそぼそ言われ続けるのも俺としては寝つきが悪いし。
アリルが俺を追ってここまで来るのもなかなかに珍しいと言えた。

「私、波音君が遠くに行ってしまうって……。
 今よりも遠くに。
 そして私の知らない波音君になってしまうような気がして――」

それが心配と。
なるほど。
セズクと同じようなことを言うのな。
俺は変わらないし、変わったつもりもない。
マックスも変わったって言ってたけども……。

     

[9]前話 [1]次 最後
現在 1/3(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject