小説家になろう
怪盗な季節☆ 
帝国群な季節☆
くすぶる紫煙と霞

《マックスとレルバル。
 聞えるか?》

『さっきから聞えてるよ。
 なんだぁ?』

マックスのかったるそうな反応を受け止め
俺もヘッドセットについたマイクをすこし口元に近づけて

「聞えてます」

と短く返事をした。

《こっちは私達が何とかする。
 だから速いとこ逃げてくれないか?》

シンファクシが後ろで指示を出しながら
俺達に通信をしているようで時折《全開にしろ!》などの
怒号の嵐が一緒にこちらに中継されてくる。

『だが、その超兵器は……』

マックスが珍しく言葉を濁した。
十秒ほど無線が沈黙する。

《…………。
 兵装が一切使えないことは承知している。
 でも盾になることぐらいは可能だ》

『……シンファクシ………』

《ちゃっちゃと敵をひきつけるだけひきつけて
 あとは速度で振り切って私達も逃げる。
 少しの間おとりになるだけだ》

『…………だが……』

《その装置がやっと届いたんだ。
 このヴォルニーエルを完全に覚醒させることが出来る。
 そして帝国郡の希望であるこの超兵器をみすみす元帥の私が
 壊すわけがなかろう?》

ふん、とマックス臆病かげんを戒めるかのように
鼻で笑ったようだ。

『姉貴……』

マックスの本当に心配そうな声に思わず背筋が凍った。
というか姉ちゃんだったのか。

《なんだ?
 それに姉貴と呼ぶなと何度言わせるんだ?》

『………死ぬな』

マックスそれ以上は駄目だ。
完璧な死亡フラグになる。
案外バカに出来ないんだぞそのフラグ。
やめとけ、本当に。

「えっと、シンファクシ。
 シエラを置いていこうか?」

そのフラグをへし折るには少しでも勝利の要素を
加えておいたほうがいいだろうという勝手な判断だった。

《……いや別に構わない。
 このヴォルニーエル一隻だけで十分やりあえる。
 マックス!》

こ、断られた……。

『な、何だぁ?』

マックスは急に自分に話が振られたことに驚いたのか
声が裏返りつつも応答していた。

《さっさとレルバルをつれて逃げるんだ。
 分かったな!》

『……了解だ。
 任せてくれよ。
 おいお前ら!
 しっかりと捕まっておいてくれよ!?』

マックスの声がスピーカーの網を破って出てきたかと思うと
機体が軋み大きく右へと旋回した。
Gに耐える鼓膜に

《かかってこいよ、三機ともっ……!》

というシンファクシの勇む発言が飛び込んでくる。
Gに耐え切れない首が自然と窓の外を向き
しぼんだ肺が空気を口から漏らした。

《イージスの出力は常に全開だ!
 一機たりともここを通すんじゃない!
 なんとしてもあの輸送機を帝国郡の希望を守りきるんだ!》

窓から見えるヴォルニーエル全体の光量が一気に増したようだった。

     

[9]前へ [1]次へ 最後
現在 1/5(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject