小説家になろう
純白の薔薇を君に

 小さい頃の親父は、本当にひどい人だったんだ。
 君はきっと否定するだろうけど。


 あの頃あの人は、3日に1回位しか帰って来なかった。
 そりゃ、仕事が忙しいってのも本当だろうさ。
 でも、幼い俺でさえ、あの人は「恋人」のところを渡り歩いてるんだってこと、知ってたんだ。
 法的に認められた妻が――俺の母がいるのに、恋人なんて呼ぶのもおかしいね。
 でも、「愛人」や「妾」なんて言葉を使うと、母自身が嫌がったから。

 母には、どういう思いがあってのことだったんだろう。
 もういない人の気持ちは分からないにしても。


 母の話をしたからって、君は嫌な顔をしたりはしないだろうけど……親父の話に戻そうか。

 全く帰ってこない訳じゃなくて、少し寂しいなんて感じ始めた頃にようやく顔を見せるというのが、また腹が立つじゃないか。
 母はそんな親父のことを、「あの人には愛がたくさんあるのよ」なんて言っていた。
 夢見るような瞳で、幸せそうに。
 あの、白い百合のような笑顔で。

 だけど、俺だって馬鹿じゃない。
 いつからか、知っていたよ。
 あいつが帰ってこない夜、ふと目覚めた俺の耳に聞こえてくるのは、大抵すすり泣く母の声だった。


 君は多分、口には出して言いはしないと思う。
 もちろん俺だって、自分で分かってるさ。一方的に父を責めるつもりはないよ。

 そういう男だって分かってて、心も身体も離れようとしなかったのは母の選択だ。それは間違いない。
 だけど……母が許していたからって、親父がひどい男であることには変わりはないだろう?


 もしかしたら、そういう両親の微妙な駆け引きに気付いていなかった頃、俺は親父が好きだったのかも知れない。

 親父の名前を聞けば、皆が「ああ、あの人の」って俺を受け入れてくれた。
 テレビをつければ毎日必ずどこかしらの局であいつの顔が流れてたし、幼稚園の父兄参観に来た日なんてとんでもなかった。
 プライベートなイベントで、しかも、結局はただの幼稚園児のお遊戯会だって言うのに、取材のカメラと記者がひしめき合って、狭い幼稚園の窓はまるで人の壁で出来ているかのようだった。

 あの頃はまだ、プライバシーなんてうるさくなかったからね。
 恋人の多さは男の勲章だなんて、言われていた頃でもある。


 親父がいると、どこにいても必ず注目された。
 そのことが誇らしかったのは一体いくつまでだったろう。
 親父の言動が世間からえらく批判を受けてると知った頃には、もう「ざまあみろ」と思ってたはずだから。

 君と初めて会ったのも、その頃だと思うんだ。

 大した出会いじゃない。
 偶然、隣同士の席になったってそれだけだ。

 入学式が終わって席につき、名前と出身校を言い合うだけの自己紹介を交わしあったときには、俺は君と友だちになろうと決めてた。
     

[1]次へ 最後
現在 1/3(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除


[0]小説案内ページに戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject