小説家になろう
片手にわたしの武器を握って、

その日、舞子は晩御飯を作る気力が底をついていた。

入社3年目にして、連日の残業が積もりに積もって積み重なり、美味しいものを食べたいという食欲も、おしゃれな夕食を作りたいという満足心も、何もかも、すべてを根こそぎ押しつぶされていた。

定時をとっくに回った時計を睨みつけ、どうにか日をまたぐ前に仕事を終えた彼女は、ふらふらとした足取りで駐車場に向かい、愛車であるホンダのライフに乗り込んだ。
そうして車を走らせているうちに、ファストフード店を見つけ、吸い込まれるように停車していたのだ。

今日くらい、なんだっていい。
食べられるのなら、それで。

舞子は後ろで強く結った髪をほどき、夕ご飯の時間が過ぎているにも関わらず賑わう店内へ入ると、適当にワンコインで足りる注文をした。
テリヤキバーガーとサラダとポテトとオレンジジュースのセット。計500円なり。

ちらほらと空いているふたり用の席があったので、そのうちのひとつに座る。カウンターには行かない。壁に向かって食べていると、なんだか虚しくなるからだ。

ポテトを1本頬張る。

疲れた。

「ねえ」

突然の声に驚いたが、すぐ合点した。
後ろに座っている女子高生ふたり組だろう。

時間帯が時間帯のため、舞子だって座る席は吟味する。絡まれたら厄介そうな外見をしている若者には近づかない。離れた席を取り、嵐が通り過ぎるのを待つようにひっそりと食べて、忍者のごとく気配を消して出るのが最良だ。
舞子がその席に座ったということは、背後の女子高生たちはそれほど派手な外見でなく、素行の悪そうな子たちではなかったということになる。時間帯こそ遅いけれど。

どんな子だったかな、と記憶をたどるが、容姿が全く思い出せない。人の記憶とはひどく曖昧でいい加減だ。かろうじてぼんやりと浮かんだイメージは、ふたりで向かい合って座って、スマホを触っているものだった。
友人が目の前にいるのに、別の友人とやり取りをしているのは、舞子にとっては居心地の悪いことだ。印象に残ったのだろう。

「もしもの話なんだけど」

さっき話しかけた方の女子高生が続けようとして、「きいてる? せれん」と言った。

相手の女の子はせれんちゃんと言うらしい。
舞子は、キラキラネームだ、と思ってから、後輩に同じ名前の子がいたことを思い出し、遠い世代の話ではないことに衝撃を受けた。次にどんな漢字なんだろうと思い、わからなかったので勝手にセレンとカタカナを当ててみた。

「きいてるよ、あんじゅ」

セレンちゃんが答えた。

はじめに話しかけた方も相当なキラキラネームに思えたが、この子もか。頭の中で杏樹と当てた。

「もしも、なに?」
「明日さ、世界が滅びるとするじゃん」
「は?」

舞子も「は?」と、ジュースに伸ばしていた手を止めた。
なんだ、そりゃ。

「滅びるの?」
「例えばの話」

     

[1]次へ 最後
現在 1/5(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除


[0]小説案内ページに戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject