小説家になろう
星をひとつ貰っちゃったので、なんとかやってみる
作者: もぎ すず

俺は惑星をひとつ貰った。正確には【星の守護者】というものになった。  俺はこの星を自由にしていいそうだ。開発をしてもいいし、資源を売り払ってもいい。他の星から移住させてもいいらしい。この星の住人として暮らすか、神として君臨するか。好きにしていいんだから、いろいろやってみることにする。 書籍情報:「星をひとつ」全4巻、「新・星をひとつ」1巻~(共にNMG文庫より)

【連載中】 全196部分

▼小説文字数 / 読了時間
634,457文字 / 1,269分

▼ジャンル
宇宙[SF]

▼キーワード
SF 宇宙 惑星 ほのぼの 経営

▼最終掲載日
2018/01/06 18:00

■Nコード:N5260BK



<R15>15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔15歳未満の方の閲覧にふさわしくない表現〕が含まれています。

           

PC/スマートフォンで小説を読む

■小説を読む(目次)■
◇小説閲覧設定◇

◆小説情報◆
◇同一作者の最新小説◇

この作品はパソコンで投稿されました。

[1]ポイントを入れる
[2]レビューを読む
[3]レビューを書く
[4]感想を読む
[5]感想を書く
[6]ブックマーク /ブックマーク解除
※作品をブックマーク登録する場合はログインしてください。

更新通知を登録する
(ネット小説更新チェック様提供)
▼この小説のURL
http://nk.syosetu.com/n5260bk/

0ユーザページTOP

           


▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject