小説家になろう
半魔族の少女は料理と共に
作者: 秋雨そのは

白雪 葵は、事故にあった。 小学生くらいの男の子をかばって。 車が居眠り運転をして目の前を横切る少年に気づかなかった。 私はそれを走って、少年の腕を引き回避した……が。 運悪く、反対車線の車に跳ねられた……その車も居眠り運転していた。 薄れ意識が行く中、少年は無事だった。 死ぬのかなと思って、目を閉じた。 ふと、目を開けると目の前には、女神と思われる人が立っていた。 ※章の表示と、話数書きました

【完結済】 全136部分

▼小説文字数 / 読了時間
318,401文字 / 637分

▼ジャンル
異世界[恋愛]

▼キーワード
身分差 冒険 アイリス恋愛F大賞8 女主人公 勇者 ほのぼの 料理 魔族

▼最終掲載日
2017/11/22 21:45

■Nコード:N6348EC


           

PC/スマートフォンで小説を読む

■小説を読む(目次)■
◇小説閲覧設定◇

◆小説情報◆
◇同一作者の最新小説◇

この作品はパソコンで投稿されました。

[1]ポイントを入れる
[2]レビューを読む
[3]レビューを書く
[4]感想を読む
[5]感想を書く
[6]ブックマーク /ブックマーク解除
※作品をブックマーク登録する場合はログインしてください。

▼この小説のURL
http://nk.syosetu.com/n6348ec/

0ユーザページTOP

           


▼小説検索サイト
小説を読む

ラブノベ
小説家になろうに投稿された作品の中から、恋愛小説をピックアップして掲載しているサイトです。

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject