小説家になろう
宝箱に入れて贈りもの(ブタのポルキーニョ①)
作者: れむあないむ

宝物を持っていなかったブタのポルキーニョは、家で見つけたビー玉を宝物にすることにしましたが、だれもすごいと言ってくれません。 宝物にくわしいフワンに相談したポルキーニョは、勘違いから小さな宝箱を手にすることになりますが、最後にはすてきな宝物を見つけることができました。 新風舎で自費出版した「野いちご風味な手紙」という物語の続編です。くまのプーさんに影響されて創作しました。みんなが、ポルキーニョを好きになってくれるとうれしいです。 ちなみに、挿絵も自分で描いています。

▼小説文字数 / 読了時間
7,794文字 / 16分

▼ジャンル
童話[その他]

▼キーワード
童話 児童文学 くまのプーさん ピーターラビット のばらの村 絵本 ポルキーニョ れむあないむ 野いちご風味な手紙 児童書

▼掲載日
2016/10/09 21:58

■Nコード:N6451DO


           

PC/スマートフォンで小説を読む

■小説を読む■
◇小説閲覧設定◇

◆小説情報◆
◇同一作者の最新小説◇

この作品はパソコンで投稿されました。

[1]ポイントを入れる
[2]レビューを読む
[3]レビューを書く
[4]感想を読む
[5]感想を書く
[6]ブックマーク /ブックマーク解除
※作品をブックマーク登録する場合はログインしてください。

▼この小説のURL
http://nk.syosetu.com/n6451do/

0ユーザページTOP

           


▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject