小説家になろう
星司の贈物
作者: 栗田隆喬

大学での実験に疲れていた僕は電車を乗り越す。ふと声をかけられたような気がして見ると、高校時代の同級生で、たった二人の天文部の仲間、そして密かに思いを寄せていた鮎沢美奈が立っていた。彼女は僕に、夜間観測に付き合って欲しいと言う。たった二人で高校時代に夜間観測に出かけた頃の思い出が、僕の胸に次々とよみがえってきた。

▼小説文字数 / 読了時間
17,095文字 / 35分

▼ジャンル
ノンジャンル[ノンジャンル]

▼キーワード
青春 学校/学園 高校生

▼掲載日
2010/12/25 02:09

■Nコード:N7038P


           

PC/スマートフォンで小説を読む

■小説を読む■
◇小説閲覧設定◇

◆小説情報◆
◇同一作者の最新小説◇

この作品はパソコンで投稿されました。

[1]ポイントを入れる
[2]レビューを読む
[3]レビューを書く
[4]感想を読む
[5]感想を書く
[6]ブックマーク /ブックマーク解除
※作品をブックマーク登録する場合はログインしてください。

▼この小説のURL
http://nk.syosetu.com/n7038p/

0ユーザページTOP

           


▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject