小説家になろう
赤狐蒼狼琴奏記
はじめてのかがみ。

「まぁ、とりあえず座れ。
 お座り」

俺は犬か。
これでも狼としてのプライドぐらいあるわい。
食事が欲しいあまり人間との共存を選んだ奴らと一緒にするな。
……でもな。

「はいはい」

逆らうと怖いんだよこいつ。
この短時間で理解できたのはそれだけだ。
とりあえず適当な返事を返して麓の言うように座る。
地べたに寝そべるようにだ。

「で、だ。
 まず人間の体の使い方だ」

麓は俺が寝そべっているのをまじまじと見つめて言葉を繋げる。
何。

「いや……。
 まぁとりあえず。
 手わかるな?」

俺は改めて自分の体を見た。
狼の時とは違い手のひらにはぷにぷにのものがない。
肌色の手は五本の指があって、一本一本が独立して動くらしい。
爪はひっこめたり出来ないのか。
というか爪どれだ。
足も似たような感じだけどこっちは一本一本をきちんと動かすことは出来ないらしい。
もし謝ってひっかいたりしたらどうするつもりなんだろうな。
人間は分からん。

「ん、これ。
 自分の顔よく見とくように」

麓はそういって俺に水面のようなものを渡してきた。
そっと覗きこむ。

「きゃん!」

で、目をやられた。
光の量から電気とやらが中に入っていたらしい。
罠だ。
麓の罠だ。

「それは鏡っていうの。
 なんていえばいいんだろうなぁ。
 現を直接移すもの……。
 まぁ見れば分かる」

いや。
いやいやいや。
電気入ってたよだって。
見たら目をやられたんだよ?

「それはお前が電気からの反射を直接受け止めたからだ。
 バカだな」

バカにしたような笑いを浮かべやがって。
バカバカ言うな。
天狐のくせによくわからんことをいうお前が悪い。

「……やれやれ。
 口だけは達者だな」

そういうと麓は右手をぱちんと鳴らした。

「うがっ!」

首をぎゅっと締め付けはじめる感覚。
あわてて謝る。
逆らうと死ぬ、ってまさにこういうことなのだ。

「ごめんなさい」

「ん」

するりと首の締め付けが緩む。
くそ、これ邪魔だよ……。

「で、鏡だが。
 見てみろ」

「きゃん!」

「……いい加減にしろ」

首の締め付け来た。
ふざけてすいませんでした。

「いいか?
 鏡はすべてを映し出すものだ。
 だから電気の下なんかで見るなタワケ」

麓は俺から鏡を奪い取るとひとつため息をついた。
すいません、なんか。

「謝るぐらいなら初めからしなければいい」

俺から奪った鏡を麓は自分で見つめ髪や身だしなみを整えている。
ごろんと寝そべった体を起こしてふわふわの座布団の上に移動することにした。

「で……だ。
 とりあえず人間の体の使い方だが。
 うん、使って慣れろ」

俺の様子を見て出した結論らしい。
半ばあきらめ気味の表情の麓は手を振りに俺に追い打ちのため息をつきやがった。

「はぁ?」


     

[9]前話 [1]次 最後
現在 1/3(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject