小説家になろう
赤狐蒼狼琴奏記
はじめてのテレビ。

「鏡はマスターしたな。
 じゃあ次はこれを渡すとしよう」

麓は俺に何やらたくさんの突起が付いたものを渡してきた。
恐る恐る触ってみる。
人間が使っている文字が書いてあり、赤やら青やらカラフルだ。
見ていて目が痛くなってくる。
なんだこれは。
餌か?
うまそうだな。
噛んでみるか?

「噛むな。
 それはリモコンというやつだ」

ふえ?

「リス?」

そう聞こえた言葉を口から出して麓に確認するため首をかしげた。
リスなら知ってるぞ。
あのちょろちょろとうっとおしい小動物だろ。

「それは動物だろ。
 違う、リモコンだ」

リモコン……。
初めて聞いた名前を口の中で繰り返し呟いた。
不思議な響きである。
……で、これで何をするんだろう。
食べてもいいのかな。
個人的にはもみじみたいな色のやつが一番おいしそうだ。
熟れていること間違いないだろう。

「食うな。
 これは口に入れるものじゃない。
 人間が箱の中に入って……ああー!
 説明できん!」

麓はいらいらと体をゆすった。
箱が……え、箱で、人間で?
ほえ?
意味が分からないですばい。

「もーだから。
 もーいいから。
 とりあえず点けてみれば分かるから。
 はい、点けて」

何を。
点ける、え?

「あー……。
 もうお前知らなすぎ。
 ちょっとリモコン貸してみ」

知らないも何も……。
だって俺狼だし。
まぁ、とりあえずほいさ。
俺は麓にリモコンを手渡した。
麓はイライラを隠そうともせずに一番上にある赤いボタンを指差して

「これ。
 これで点けるの」

と俺に二回念押ししてきた。

「お、おう」

とりあえずの返事を返してみたはいいモノの何を点けるのかさっぱりである。

「このリモコンの先をあの箱に向けてこのボタンを押すと……?」

麓は意地悪く笑いながら部屋の隅にある箱にリモコンを向けてボタンを押した。

『いやぁー暑いですね!!』

「!?」

と、突然、その箱がしゃべりだし、俺は後ろへ飛び下がった。
な、なんだよ。
人間が箱の中にいるじゃないかよ!
危険信号が頭の中でくるくる回り、本能的に俺は戦闘意識をむき出しにして

「麓、どけ!
 人間だ、殺されるぞ!」

狼の姿になって箱に向かって威嚇した。

『で、そーなるんですがな!!』

『あははははは』

よく分からないがおそらく笑っているのだろう。
俺のことを。
来るなら来い人間め。
親父を殺したように貴様らを俺が殺してやる。
どうした、こいよ!
さあ!!

「おばか」

「きゃん!」

威嚇を続ける俺の頭を麓がリモコンで叩いてきた。
しかも角だ。
コスン、といい音がした。
にしても本気で殴りやがっただろ、こいつ。
俺のことを。

「人間の姿に戻れ、はよ」

リモコンをぶいぶい振りながら麓は小ばかにしたように鼻で笑う。

「うー……」


     

[9]前話 [1]次 最後
現在 1/3(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject