小説家になろう
赤狐蒼狼琴奏記
はじめてのれとると。

「起きろー。
 ウルバル起きろー!」

うむ……。
もう朝なのか。
麓の怒鳴り声が頭を揺さぶる。
目の前にはメガネの人が淡々と喋っているテレビが赤々と点いている。
人間の道具に触れて一日目。
気が付けば眠ってしまったらしい。

「んう……」

座布団にシミを作っていた涎を拭い、精いっぱい伸びをする。

「んー……!」

ぐっすり寝たせいであくびが止まらない。
寝すぎると逆に眠くなるってやつだ。
二回ほどあくびを出して涙目の視界に麓の顔が入ってきた。

「起きたか。
 いい子だ。
 ご飯にするぞ」

そういえば、俺結構長い間何も食べてなかった。
ご飯、という単語を聞いた瞬間おなかがきゅっと鳴る。

「ごはん、何?」

溢れ出さんばかりの涎をこぼさないようにしながら、尋ねてみた。

「ん、肉焼いた。
 肉と白いご飯とみそ汁」

しろいごはん?
みそしる?
一体何のことなんじゃらほい。

「あー……。
 そこから説明しにゃならんのか。
 やれやれ。
 いいか、ウルバル。
 よく聞け」

はい。
寝起きの頭に真面目な話は厳しいけどな。
麓は俺の前の座布団に座ると俺の頭を撫でてきた。
そういえば気が付けば狼の姿に戻っている。
ん、頭撫でられるの好きなんだ実は。

「今から私がお前に作って出すご飯は基本、人間の食べ物だ」

「!?」

思わず口を開きかけた俺に麓は人差し指を立てた。
待て、という信号である。
開いた口を閉じて不満の表情を露にする。

「いいか、仔犬。 
 人間の物だからと言って、何事も先入観を持って入るのはよくない。
 まずは試してからするもんだ」

はあ。
まぁ、何を言おうとしてるのかは分かる。

「つまり、人間の飯はうまいと」

「ん。
 そういうこと」

なるほどね。
人間のごはんか。
食べてみてもいいかもなぁ。
敵対心<食欲。

「人間ってやつはすごいぞ。
 たとえばこれだ。
 見てみろ」

麓は棚まで行くとひとつ箱を持ってきた。
パッケージには『ことことカレー』と書いてある。
何ともおいしそうな写真に緑色の線が三本。
空腹には堪える写真だった。

「かれー?」

「うまいぞ、これは。
 本来は調理するもの。
だが、人間は調理しなくても魔法の箱に入れるだけで作ることが出来るんだ」

す、すごい。
そんなことが出来るのか。
麓はパッケージを破り捨てて中身を取り出した。
銀色の袋のようなものだ。

「?」

指で突いてみる。
ぷよぷよした中に固形物が混ざっている。
冷たくて、これなら鹿を仕留めたときにかぶりつく方がおいしいというものだ。
これが食べ物?
不満である。

「そう思うだろ。
 私もそうだったさ」

そういいながら麓は何か挟み込む道具を使い、銀色の部分を切り取ると中身を皿にぶちまける。
魔法の箱ねぇ。
胡散臭いったらありゃしない。

     

[9]前話 [1]次 最後
現在 1/3(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除

[4]小説案内ページ

[0]目次に戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject