小説家になろう
工場の狂人

 あれは僕が会社を辞めた直後のことだった。
 大学を卒業し3年間務めていた会社を辞めたのには、特にこれといった理由はなかった。
 何となく疲れたというか、このままこの会社にいても先々おもしろいことが起きそうもないので辞めたのだ。

 仕事もまあうまく行っていたし、同僚や先輩にも恵まれていた。
 しいて言えば頑張って3年間働いたし、そろそろ長期休暇を取りたいと考えていたのだ。
 その長期休暇もそこまでして取りたいのかと言われればそうでもなく、辞めた後に何かしたいことがあるのかといえばそういうこともない。
 かと言ってここで何十年も働くのも、ちょっと遠慮したいのだ。 

 簡単に言えば飽きたのである。

 辞める直前にぼちぼち辞表でも書くかと思いながらもなかなか時間が取れないので、仕事中に辞表のフォーマットをネットでダウンロードし会社のプリンターで印刷した。
 それを支社長の所に持って行き「今月いっぱいで退職します。希望日より14日以上前だから大丈夫ですよね?」と話した。
 そうしたら課長や先輩から呼び出され色々長い話をすることになったのだが、僕よりも周りの人たちの方が大変そうだった。
 このでかい会社から1人社員が消えるくらいで、大騒ぎしなくても良いのにと思って見ていた。

 若干手間がかかったが無事会社を辞めると、とても言葉では言い表せないほどのゆっくりとした時間が待っていた。
 その何もない真っ白な時間をどう使うかは全く考えていなくて、とりあえずしばらくはだらだらしていようと思っていた。
 無駄遣いはほとんどしないので貯金もあるし、1年位は就職しないで遊んでいるつもりだった。
 しかし、再就職する際に履歴書に空白ができるのは良くないので、資格を取るために専門学校に通うことにした。
 資格と言っても僕が今すぐ試験を受けに行っても手に入るもので、給付金でお金もかからないし仙人のようにフワフワとした生活を送るための隠れ蓑にしたのだ。

 専門学校は夜に授業があるところにしたので、昼過ぎに起きてぷらぷら出かけたり家でゲームした後、ゆっくりと登校した。
 楽しくもなく、また難しいこともなく、ひたすら楽で暇すぎる毎日を送っていた。
 大変まったりとした生活である。 
 優雅で退廃的でダーウィンの進化論に反する行動をしながらも、社会から自然淘汰されることがない計画的なものではあったので焦りもない。

 しかし会社がないというのはこんなにも怠惰で楽だとは思わなかった。
 貯金が減っていくこと以外は実に優雅な暮らしである。
 法に触れるようなことはしていないのだが、何だか悪いことをしている気分すらしてくる。
 このまま数ヶ月引きこもっていたら廃人になりそうなので、定期的に専門学校に通っているのは社会人として最低限の延命措置になるなと思った。

     

[1]次へ 最後
現在 1/9(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除


[0]小説案内ページに戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject