小説家になろう
草殺しのビャヒク

 私の小屋の近くに、『草殺し』と呼ばれるビャヒクがいました。
 彼は指先で触れるだけで、太く大きく育った草を枯らす力を持っていました。
「俺が草を枯らさないとな、この星は死んじまうんだ、嬢ちゃん」
 ビャヒクはそう言いながら、私の肩にその大きな手を置くのです。なんだか私も草みたいに枯らされてしまいそうで、思わず肩に力をいれたまま、動けなくなってしまうのでした。
 ビャヒクは作物のなる草も枯らしてしまうので、村からだいぶ離れた、小屋に住んでいました。真っ赤な色をした大きな丘の近くです。丘の向こうには小さな池があって、乾季になるとみんなこの池に水汲みに来ます。
 ビャヒクはみんなが家の前を通り過ぎるのをじっと眺めているばかりで、自分で水汲みをしたことがありませんでした。
「どうして水汲みをしないの?」
「それはだな、嬢ちゃん」
 ビャヒクはゆっくりと顔をこちらに向けて、また、私の肩にそのごつごつとした手を置くのでした。
「水がみんな、俺の友達だからだよ」
「どう言うこと?」
「ちょっと嬢ちゃんには難しかったかな。水の方から勝手にやってくるんだよ。だから、俺は水を汲みに行く必要がない。黙っていてもやってくるものをわざわざ採りに行くのも、変なことだろう」
「それもそうね」
 私はビャヒクに水がやってくるところを見せてほしいと頼みました。
「それはとても難しい注文だな」
「どうして?」
「水はいつでも気まぐれだからな。いつの何時にくるか、正確に言うことはできない」
「じゃぁ、私がビャヒクの小屋で待っているのはどう?」
 笑いながらも眉根を寄せて、ビャヒクは困ったように禿げ上がった頭をかきました。
「そいつはやめておいた方がいい」
「どうして?」
「水はなんて言うか……。気まぐれだから。嬢ちゃんのことを気づかないで飲み込んでしまうかもしれない。危険だよ」
「そう……」
 よっぽどがっかりした顔をしていたのでしょうか。ビャヒクは腰をかがめて私の顔をじっと見つめて「……代わりに」と言葉を継ぎました。
「これから大きな草を枯らしに行くんだが。一緒に来るかね?」
 私が頷くと、ビャヒクは立ち上がり、岩のような手を差し出しました。その手につかまろうとすると、ビャヒクは私をまるで釣り糸に引っ掛かった魚のように、宙へ軽々と引き上げて、その大きくてがっしりとした肩にひょいと乗せてくれました。
 地面がいつもより、ずっと遠くに見えます。
 紫色の空と黄色く染まった雲が、ちょっとだけ頭に近づいたような気がしました。
 極彩色の光を放つ羽を震わせたアカリ虫が、つぃ、と顔の前を通り過ぎて行きます。珍しいことでした。
「しっかりつかまってな」
 腕をギュッとだき抱えるようにすると、大股でビャヒクは乾いた赤い大地を走り始めました。
 飛ぶように、翔ぶように。

     

[1]次へ 最後
現在 1/5(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除


[0]小説案内ページに戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject