小説家になろう
自転車のクラスメイト

 それは私が高校生の時でした。

 私はクラスの男子がキライでした。
 だけれども仲良くやっていなかったのかと言われればそういうわけではなく、うまくやっていた方でした。
 その時なにか嫌なことをされていたとか、特定の苦手な人がいるということではなくて、簡単にいえば男性自体が苦手だったのです。
 それは小学生くらいの時からずっとそうでした。

 ガサツで相手の気持ちなんて考えない子供。
 繊細のかけらもなく、人の神経を逆撫でることばかりする。
 小さい頃から私の中でそれは重大な悩みでした。
 いくら注意しても直してくれないし、毎日学校に行くのが憂鬱になるほど嫌だったのです。

 だから私は、ある時子供ながらに決意しました。
 どうにもならないんだから、相手にしなければいいんだと。
 最低限の対応をして、かといってクラスの和を乱したり雰囲気を悪くしたりせずに、うまく付き合えばいいんだと。

 まともに相手をしてはいけない。
 そうすることで次第に私の心にのしかかっていた重石は取れ、いつしかそれが当たり前となり、心の中に鉄壁を作りあげていたのでした。

 でも、年を経るにつれ、周りの友達も、段々と異性に惹き寄せられるようになっていきました。
 あれだけ嫌がっていたのに、そんなことも忘れて好きな男子のことで盛り上がれるのって、私には信じられませんでした。
 みんなは変わっていくのだけれども、私はどうしても変われずにいました。
 それが良いのか悪いのかと言われれば、私個人とすればどちらでもないのだけれど、世間一般からすれば良くないことなんだろうなとは思っていた。
 でも、無理をしてまで変わりたいかと言われればそういうわけでもなく、なんとなく私はずっとこのままなのだろうと考えるのでした。

 そんな高校時代のある日、学校からの帰り道のこと。
 下校直前の夕立で道が酷くぬかるんでいました。
 その日の私は朝から体調が悪く、早く家に帰って薬を飲んで寝ることばかり考えながら時間が過ぎるのを待ちました。
 早退すれば良いと思うかもしれませんが、私はどうもそういうのが苦手で、登校したんだから最後の授業まで出席してから帰ろうと考えてしまうのです。
 しかし私はもう限界を迎えていました。
 見た目にも様子がおかしいのか、心配して声をかけてくれる友達はいたんだけど、私は笑って大丈夫だと言いました。

 私は授業を終えると所属していた部活も休み、すぐにクラクラしながら自転車で帰宅しました。


 誰にも心配をかけずに早く帰らないといけない。


 目眩というか意識が飛ぶというか、はっきりしない状態ではありましたが、家に帰ればなんとかなると思いひたすら自転車をこいでいました。

     

[1]次へ 最後
現在 1/4(ページ)

[2]しおりを挿む(ブックマーク)
ブックマーク解除


[0]小説案内ページに戻る

▼小説検索サイト
小説を読む

ラブノベ
小説家になろうに投稿された作品の中から、恋愛小説をピックアップして掲載しているサイトです。

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject