小説家になろう
私、かかりつけ薬剤師に立候補します!
作者: 青砥 英世

春香、奈々、真澄、久美子、真悠子の五人の薬剤師が、かかりつけ薬剤師として奮闘する。 春香は薬剤師になったものの、一人も指名を取れないダメ薬剤師。 このまま指名が取れないと、クビなってしまう。 そこに久しぶりに現れた「お菓子おじちゃん」が「かかりつけ薬剤師」になって欲しいと言う。 お菓子おじちゃんとの再会でクビは免れたものの、おじちゃんは癌で余命半年であった。 小さい頃にたくさんお菓子をもらった恩を返そうとするが、おじちゃんは亡くなってしまう。 しかし、これを機に春香は薬剤師として目覚めたのだった。 奈々はいつも元気で一生懸命な薬剤師。医師にスーパー薬剤師だねと褒められた直後、服薬指導でミスを犯してしまう。そして、友人のユイカから惚れ薬を作れないかと依頼される。 ある日、入院した患者の元を訪れると、それはユイカの上司だった。めまいと低血圧で入院したのだが、その原因をグレープフルーツジュースと薬の相互作用である事を見つける。 久美子は、久しぶりに会った大学の同級生に、会社の社長を引き継がないかと話がくる。悩んだ末に社長になる事を決意し、それを部下に伝えようと食事に行くが、部下が蜂に刺されアナフィラキシーを起こしてしまう。救急搬送された病院でその部下に告白されて、退職しようとしていた気持ちが揺らぐ。 真澄は昔、自転車で転倒し病院に運ばれた時、一人の女性に助けてもらった薬剤師真澄。ある日、その女性と同姓同名の患者さんが現れたけれど、その人は似ても似つかないほどのクレーマー患者だった。 真悠子は毎日を通り過ぎるように過ごしてきた。かかりつけの患者が薬局に来なくなってしまった。その患者は統合失調症であり、自分の弟と同じ病気であった。弟を救えず、患者も救えぬ罪悪感から薬剤師を辞める。 新しい仕事を探そうとカフェを転々とする中で、その患者さんに出会い、一緒に働く事となる。 一緒に働く中で元患者と付き合う事となり、弟に会いに行く事になる。弟も含めて受け入れてくれた彼にずっとついていこうと決意する。 そして、辞めてから一年後、真悠子のコーヒー店に、久美子、真澄、春香、奈々が偶然に会する。

【完結済】 全5部分

▼小説文字数 / 読了時間
100,887文字 / 202分

▼ジャンル
現実世界[恋愛]

▼キーワード
オフィスラブ 日常 青春 ホームドラマ ミステリー サスペンス ラブコメ 第3回お仕事小説コン 職業もの ハッピーエンド 薬剤師 医療 薬学生

▼最終掲載日
2017/07/17 17:28

■Nコード:N9569EC


           

PC/スマートフォンで小説を読む

■小説を読む(目次)■
◇小説閲覧設定◇

◆小説情報◆
◇同一作者の最新小説◇

この作品はパソコンで投稿されました。

[1]ポイントを入れる
[2]レビューを読む
[3]レビューを書く
[4]感想を読む
[5]感想を書く
[6]ブックマーク /ブックマーク解除
※作品をブックマーク登録する場合はログインしてください。

▼この小説のURL
http://nk.syosetu.com/n9569ec/

0ユーザページTOP

           


▼小説検索サイト
小説を読む

ラブノベ
小説家になろうに投稿された作品の中から、恋愛小説をピックアップして掲載しているサイトです。

小説家になろう
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/情報提供
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject