短編小説
作成ユーザ:うわの空

これまでに投稿した、短編小説集。
ぼくのなつやすみ
夏休みの宿題は終わりましたか。
2015年 08月 12日

白の記憶
 お婆ちゃんから、認知症の治療薬を取り上げた。このまま死んでくれればいい、……そう思った。
2014年 10月 26日

ごみから始まる妄想作家
ごみは話さない。けれどごみには沢山のエピソードがある。それを妄想して一つの話にするのが、作家志望の僕の趣味だ。 さあ、妄想しよう。
2013年 10月 19日

ソクセキカミサマ
『それ』が純粋であればあるほど、物語は残酷になる。 「いーけないんだ、いけないんだ。カーミサマに、言ってやろ」
2013年 10月 01日

見えない恋人
職場にやってきた新人は、無口で無表情。誰からも相手にされない彼女には、とある秘密があった。
2012年 10月 10日

**はとてもいいことです。
この国では、自殺を推奨しています。さあさあ皆さん、勇気を持って! (※この小説は、自殺を推奨するものではありません)
2012年 09月 02日

雪だるまのぼく、人間の君。
君に作ってもらった雪だるま、それがぼくだ。
2012年 09月 11日

ゴミ捨て場から見る空は、今日も青い。
ゴミみたいな人間だったら、ゴミ捨て場がお似合いだ。
2012年 09月 17日

『本日の死亡確率です』
『くれぐれも、ご注意ください――』
2012年 11月 20日

裁き屋
あなたは、正しいですか?
2012年 12月 17日

[1]次
小説家になろう

小説を読む/小説家になろう

ラブノベ
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ
出版社・メディア関係者様へ
公式ブログ/お問い合わせ

運営:HINAproject